本文へスキップ

株式会社NSEは、培った経験をもとに、一般の皆様を支援(サポート)する会社です。

新農業技術(新しい栽培技術)

有機酸を使った新しい栽培技術

 弊社は、国立大学法人秋田大学との共同研究により、作物(植物)の栽培に有機酸を使うと成長を促進する効果が得られることに関する特許を取得しました。作物の成長促進効果としては、稲作に使うと大きく育ち収量が増すこと、野菜類については成長が早く収穫時期も早まること、キュウリ・トマト・ナスが軟らかくなることなどが確認されました。
 作物の栽培実験の例を写真で示します。作物の栽培実験の詳細は、こちら
 特許を基に新しい栽培法用に販売中の
作物成長促進用剤「グリーン+(プラス)」は、こちら
 チンゲン菜の栽培実験例(種まき後約2ヶ月)  稲の栽培実験例(苗植付後157日目)
左から、有機酸有、有機酸有、 有機酸有、有機酸無
    (左側ほど有機酸濃度は高い)
左から、有機酸有(南相馬水田土)、有機酸無(南相馬水田土)、有機酸無(山形水田土(比較用))
 有機酸有りの方が大きくなることが確認された。これは、養分の抽出が十分なされ、菜の養分吸収が良くなり成長が促進された証と言える。  南相馬水田土の有機酸有りは有機酸無しに比べ稲が大きく収量は約2倍であった。 これは、養分の抽出が十分なされ、稲の養分吸収が良くなり成長が促進された証と言える。

作物成長促進用剤「グリーン(プラス)

「グリーン+(プラス)」は、有機酸の能力を利用した作物成長促進用剤です。秋田大学との共同研究の成果を基に、作物の新しい栽培法における作物の成長促進用剤として販売しています。
 本剤に肥料の成分は入っていません。土壌中に本剤を加えることによって土の中の栄養成分を作物が取り込みやすくする効果があり、このことによって作物の成長が促進されます(根張りも良くなります)。家庭菜園やプランターでの野菜栽培にご利用ください。
 ご使用時は、指定量の水に溶いて元肥の入った土に散布し1週間程置いた後に栽培します。商品と一緒にお送りする「使用方法」「注意事項」を読んでお使いください。
 内容量830mL(約0.5s)と3300mL(約2s)の2種類を用意しました。
 (写真:グリーン+(プラス)(830mL)


 グリーン+(プラス)のご購入はこちらから。
 田畑での使用をご希望の場合は、別途お問い合せください。